1 :あずささん ★:2016/09/30(金) 18:00:30.58 ID:CAP_USER9.net


マグニチュード(M)7以上の大地震の発生を、1時間~20分前に予測できる可能性のある手法を、京都大情報学研究科の梅野健教授や大学院生の岩田卓也さんのグループが開発した。
 
震源域の上空の電離圏の異常を、国土地理院のGPS連続観測網「ジオネット」のデータを用いて検知する手法で、米国地球物理学連合の学会誌で30日発表する。



■有効性の検証が必要

 
梅野教授は「公開データのみを用いる手法であり、今後、有効性などの検証が進むことを期待したい」としている。

 
2011年の東日本大震災(M9・0)では、本震の直前に震源域の上空60キロ以上に存在する電離圏で電子数が異常に増えることが報告されている。
ただし、ジオネットの一つの観測局のデータを用いて解析しているために精度が不十分で、他の地震に適用しようとすると誤差も生じていた。


グループは、複数の観測局のデータを組み合わせて精度を格段に高める手法を新たに開発した。
新手法を用いると、東日本大震災の前後に周辺で起きたM7クラスの地震についても電離圏の異常を捉えられる例があることを確かめた。

 
電離圏の異常が起こるメカニズムはよく分かっておらず、梅野教授は「今後、東日本大震災以外の地震についても今回の手法を適用し、研究を進めていきたい」と話している。


ソース/京都新聞社
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160930000092


20160930141359bunpu



3 :


何処に逃げろって言うんだよ



193 :


>>3
1時間しか無いんじゃない、
1時間もあると考えるんだ!



201 :


>>3
一時間あれば、移動できるし対策出来るだろうが。

何もしないで、ボロ屋アニメ見ながら、コンビニ弁当でも食い続ける気なのか?



9 :


一時間か
ジャンプする練習して、コンビニで水と食料を買って、2ch書き込みログとc/eroフォルダを消して
よし、いけるな



17 :


これ受け取っても躊躇するよな 



【M7地震、1時間前に予知可能? 京大教授ら電離圏異常検知で】の続きを読む